Notice: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' in /home/mirai-ac/www/mirai/wp-content/themes/mirai/header.php on line 29

滋賀県大津市 みらい動物病院滋賀県大津市みらい動物病院

滋賀県大津市を中心に診察しているみらい動物病院のWEBサイト。時間外診療(休診日、夜間)・往診ご相談ください。 トリミング施設、ペットホテルも併設しております。

ご予約・お問い合わせ 診療時間

腫瘍診断の流れ


腫瘍と戦っていくにはまず『腫瘍』という敵がどの様な性質をしていて、今後どの様な挙動をとるのか、ということを把握しなければなりません。なぜなら効果的な腫瘍への攻撃方法、つまり治療法を決定しなければならないからです。ここでは適切な治療法を選択するための腫瘍診断の進め方について現在の世界的標準方法をご紹介します。 腫瘤を発見したらまず、TNM分類いう診断手順に従い進めていきます。

T(Tumor)とは腫瘍の情報

1.視診  色、自潰の有無、形
2.触診  大きさ、硬さ、周囲組織との固着
3.レントゲン検査 腫瘍の周囲への浸潤、広がりの把握
4.針生検 肥満細胞腫・リンパ腫・メラノーマ(黒色腫)・扁平上皮癌など一部の腫瘍以外は針生検で確定診断することはできません。 しかし、炎症などの明らかな非腫瘍性病変や、明らかな悪性所見は見出すことができます。 針生検は動物への負担が比較的軽度な為、 実施する事が多いですが、はっきりした評価が不可能な場合は、 次のステップとして組織生検で腫瘍の正体をはっきりさせます。

針生検で腫瘍の正体がはっきりしない時

以下の特殊器具にて組織生検を行い何の腫瘍かがはっきりさせます。 その子の性格によっては麻酔が必要となる事があります。 骨生検針 Tru-cut生検針 ジャムシディー骨生検針

N(Nodes)とは所属リンパ節への浸潤の有無

1.視診・触診  近傍リンパ節の大きさ硬さチェック
2.針生検     リンパ節内に腫瘍細胞の浸潤がないかチェック

M(Meta)とは転移があるかどうか

1.レントゲン検査  肺、内臓への転移の確認
2.超音波検査    主に体腔内臓器の浸潤、転移の確認
3.CT・MRI検査

その他

1.血液検査     腫瘍の悪影響はないか、麻酔はかけられるか、基礎疾患はないか
2.造影検査    腫瘍の存在、浸潤などの診断

 ※以上の様に診断を進めていき腫瘍の種類とその進行度が明確になってはじめて、 有効的な治療法のオプションが挙げられ、飼い主さんと治療法を決定していきます。

»腫瘍治療の流れのご紹介